第17回 ようこそ小児科へ! 〜魅力ある卒前小児科臨床教育を目指して〜
日  時:2017年12月10日(日)13:30-16:10
会  場:大阪国際会議場 会議室 1004-5
      〒530-0005 大阪市北区中之島5丁目3-51
会  長:関西医科大学小児科学教室 主任教授 金子 一成
参加費:5,000円(抄録集代込)
      ※抄録集は当日受付にてお渡しいたします。

■ご挨拶

 この度、「第17回日本小児医学教育研究会」を平成29年12月10日に大阪国際会議場にて開催させていただくことになりました。
 本教育研究会は、小児医学教育の標準化の推進を目的として、小児医学教育に携わる全国81の医学部の小児科教授、小児医学教育に携わる教員や初期・後期研修医と医学生が年に一度、一堂に会し、卒前・卒後の小児医学教育について議論するものです。
 本年の研究会のテーマは「ようこそ小児科へ!−魅力ある卒前小児科臨床教育を目指して-」とさせていただきました。いよいよ来年の4月から新専門医制度が始まり、小児科専門医研修についてもより一層の充実が図られようとしていますが、卒前の小児科臨床教育については、大学間でまだまだ大きなばらつきがあります。そこで本年の研究会では、特別講演・シンポジウムを通して卒前小児科臨床教育について情報交換を行い、活発な議論を行いたいと考えています。
 小児医学教育に携わられている先生、あるいはご興味をお持ちの先生は是非ともご参加頂きますようお願い申し上げます。多くの関係者の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

平成29年10月吉日


第17回日本小児医学教育研究会

会長 金子一成

(関西大学小児科学教室主任教授)


■プログラム
1. 基調講演 「これからの卒前小児医学教育」
  座長 金子 一成 先生(関西医科大学)
  演者 河野 嘉文 先生(鹿児島大学)

2. シンポジウム「魅力ある卒前小児科臨床教育を目指して」
  座長 鈴木 康之 先生(岐阜大学)
  演者 卒前小児科臨床教育のフレームを考える
       西屋 克己 先生(関西医科大学)
      地域基盤型臨床実習
       高村 昭輝 先生(金沢医科大学)
      卒前小児科臨床教育の実際@
       関口 進一郎 先生(慶応義塾大学)

  卒前小児科臨床教育の実際A

       大橋 敦 先生(関西医科大学)
  総合討論

ご参加の先生方へ.pdf
ポスター