代表挨拶


 日本小児医学教育研究会は当時、日本小児科学会会長であった衛藤義勝先生(東京慈恵会医科大学名誉教授)が代表幹事となり2000年に設立されました。「優秀な小児科医の育成には優れた卒前教育・専門医育成システムが必須である」がこの研究会の設立理念でした。当時の日本の小児医学教育は各大学に委ねられており、教育の内容・質という点においてバラツキが大きい事が問題点でした。したがって、卒前の小児医学教育そして卒後の専門医教育の標準化とグローバルスタンダード化の推進が本研究会の当初の大きな目的の一つでした。

 第1回の研究会は順天堂大学山城先生、京都大学中畑先生、横浜市立大学横田先生などの全国の小児科教授の協力のもと、衛藤義勝先生を会長として東京慈恵会医科大学で開催されました。以降、年に一回、研究会を開催してきました。第1回と第3回の研究会ではアメリカの小児医学教育のメッカであるハーバード大学小児病院の小児医学教育担当のLove Joy教授やArmStrong教授を招聘して、卒前の小児医学教育の実際を伝授していただきました。また、第4回の研究会ではアメリカの専門医教育を担っているAmericanBoard of Pediatrics理事長のStockman教授を招聘して、専門医教育の実際を教えていただきました。その後も卒前・卒後の小児医学教育の種々の課題について各研究会においてテーマを決めて討論してきました。

 第9回からは私が代表幹事を引き継ぎ、研究会の会長を2年毎の持ち回り制にして現在に至っています。なお、現在までの研究会の会長・会期・テーマ・講演者などは本ホームページの活動内容を参照していただければ幸いです。

 設立当初に比べて現在では医学教育の重要性は高まっており、我が国における医学教育の質も向上しており、かつ医学教育に携わる指導者層も厚くなってきています。したがって、ここ数年の研究会は以前のような情報提供というより、小児医学教育の問題点やトピックスを参加者みんなで考えるというスタイルに変化してきていると感じています。日本の小児医療を支えるには優秀な小児科医の育成が必要です。医学教育が専門でない先生におかれましても、是非、この研究会に参加していただき優秀な小児科医の育成のためには何が重要かを一緒に考えていただければ幸いです。

 この日本小児医学教育研究会が我が国の小児科学の発展に貢献することを祈念して代表幹事の挨拶とさせていただきます。

東京慈恵会医科大学小児科

井田博幸